仏壇はこころのよりどころ

「本来、墓も仏壇も不要である」という仏教の教えがある一方で、
人々はカタチあるものを求めているのも事実です。

それを単に「人の欲」として切り捨てるのは簡単ですが、
「こころのよりどころ」として、その存在を認めるところに仏壇がるのだと思います。
c0043896_957053.jpg


もともと、仏壇の起源は床の間の「しつらえ」にあるといいます。

平安時代末期や室町時代には、正面中央に仏様の軸を掛け、
その前の床板に三つ具足を飾って礼拝しました。

その昔、大陸の遊牧民がテントの中に、
本尊の絵を軸にして掛けて礼拝していたことに由来します。

その後、江戸時代になって、寺の内陣を模した金色の仏壇や
重厚な堅木の仏壇を住居の中に安置するようになったのです。

c0043896_1175490.jpg


仏壇は、その前に身をおいた私に、
「生きざま」を問いかけてくる存在であると思います。

「私」にとって本当に大切なもの尊いものは「何か」ということに
気づかせてくれる場であるのでしょう。

それはあえて、住まいの中の「しつらえ」として、
あらゆるものからの恵み対する感謝の気持ちをあらわし、
同時に「安らぎ」を得ることができるのだと思います。

「こころのよりどころ」であるのだと思うのです。

仏壇の前では礼節として座ります。

姿勢を正し、手を合わせると
自然に胸が開き、背筋が伸びます。

それが私たちのカタチ(合掌)となっていくのです。


*********************************************
 ~良心価格でお届け&安心・まごころのお店~
 仏壇・仏具の専門店 佛英堂(ぶつえいどう)
  〒515-0083 三重県松阪市中町1993
 (松阪駅から徒歩3分・無料駐車場完備)
U R L http://www.e-butsudanya.co.jp
e-mail info@e-butsudanya.co.jp
TEL 0598-21-0959 FAX 0598-26-5522
*********************************************

[PR]
# by e-butsudanya | 2013-02-18 17:32 | 仏壇(ぶつだん)

人と地球にやさしい ECO仏壇



ECO仏壇とは。。。

人と地球にやさしい・・・それが職人、作り手の「こだわり」です。健康を考えたらやっぱり天然素材です。日本人の生活環境に合わせて人の健康と環境にこだわり、愛情込めて作り上げています。

今まで仏壇を造るには、材料の白木部分をカットし、職人の眼で厳選した部分のみを表面材として使用してきました。それが高級仏壇の価値でさえありました。 しかし、時代の変化、環境の変化に対し、私たちは今出来ることを考え「意識」しなければなりません。佛英堂では、お仏壇も時代のニーズに合わせ、素材の無駄をなくし、地球環境にも配慮した「eco仏壇」というコンセプトをご提案いたしております。

【仏壇】愛地球  エコ仏壇



*********************************************
 ~良心価格でお届け&安心・まごころのお店~
 仏壇・仏具の専門店 佛英堂(ぶつえいどう)
  〒515-0083 三重県松阪市中町1993
 (松阪駅から徒歩3分・無料駐車場完備)
U R L http://www.e-butsudanya.co.jp
e-mail info@e-butsudanya.co.jp
TEL 0598-21-0959 FAX 0598-26-5522
*********************************************
[PR]
# by e-butsudanya | 2013-01-21 17:44

打敷の由来は…

打敷(うちしき)は須彌壇や前机などに敷き掛ける荘厳具の一種で、打布あるいは卓圍、卓袱とも書きます。

「菩提場(荘厳蛇羅尼経」に(提の幢の中に於獅子座あり、閻浮檀金を以て成るところの七宝荘厳なり、種々の天の妙眼を以てその座上に敷く)とあり、そのほか「過去現在困果経」や「感無量寿経」などに(如来の座や通路に鹿皮の衣や、衆宝の妙衣を敷く)などとあり、しだいに仏前荘厳に用いられるようになったものといいます。

仏教で用いる打敷は須彌檀の前の前卓(前卓)のみでなく、須彌檀上の小型の前卓(上卓)にも、また礼盤の前に置く向卓にも、さらに礼盤の左右の脇机にもこれを用いることがあります。

打敷は顕密を問わず用いられるが密教では主として長方形のものを使用し、浄土教系の寺院では三角式のものを多く用います。

又、打敷には、如来様あるいは御先祖様の舞い降りられる所にひく、敷物、あるいは衣と言う意味があり、人間同様四季それぞれの季節に応じて仏壇の打敷も冬物から夏物、夏物から冬物へと取り替え、高価な物は、法要の時に使用し、普段の物は常に卸先祖様を心地よくお迎え出来るよう数年を周期として取り替える事がよいとされています。

               

                  ご使用上の注意

①ローソク、お線香は、打敷より離してご使用ください。
  火災の原因になります。
②ビニール袋から出して、ご使用下さい。
  ローソク、線香からの引火の原因になります。
③卓の上で、生花を飾られる場合、水漏れにご注意下さい。
  しみの原因になります。
④お洗濯は出来ません。
[PR]
# by e-butsudanya | 2012-11-03 09:35 | 仏具(ぶつく)

聖観音像(高村光雲 作)

c0043896_169890.jpg
c0043896_16103560.jpg
高村光雲
(1852〜1934)
東京に生まれる。明治・大正時代の日本彫刻界の重鎮。伝統的な木彫の手法に、西洋の写実を取り入れた清新な作風をひらき、わが国の近代彫刻の展開に多大な貢献を果たした。明治十年、第一回内国勧業博覧会に「白衣観音」を出品し、一等の龍紋賞を受賞。明治二十六年、シカゴ万国博覧会に「老猿」を出品し、絶賛を博する。東京美術学校(現東京芸術大学)教授、帝室技芸員、日展の主任審査員としても活躍。上野公園の西郷隆盛像、皇居広場の楠木正成像など、人々に親しまれる作品を数多く残している。
高さ13cmX巾4.5cm桐箱付
31,500円 (税込・送料込)
[PR]
# by e-butsudanya | 2012-11-01 09:30 | 仏像(ぶつぞう)

おりん 金沢純金箔 煌華作




佛英堂がおすすめします。

おりん 金沢純金箔 煌華作

お問い合わせはE-mail:info@e-butsudanya.co.jp


*********************************************
 ~良心価格でお届け&安心・まごころのお店~
 仏壇・仏具の専門店 佛英堂(ぶつえいどう)
  〒515-0083 三重県松阪市中町1993
 (松阪駅から徒歩3分・無料駐車場完備)
U R L http://www.e-butsudanya.co.jp
e-mail info@e-butsudanya.co.jp
TEL 0598-21-0959 FAX 0598-26-5522
*********************************************

[PR]
# by e-butsudanya | 2012-10-09 16:32 | 仏具(ぶつく)

人と地球にやさしい ECO仏壇



環境にやさしい仏壇とは・・・

【ECOを考えた仏壇特集】

人と地球にやさしい

それが職人、作り手の「こだわり」です。健康を考えたらやっぱり天然素材ですね。日本人の生活環境に合わせて人の健康と環境にこだわり、愛情込めて作り上げています。


お問い合わせはE-mail:info@e-butsudanya.co.jp


*********************************************
 ~良心価格でお届け&安心・まごころのお店~
 仏壇・仏具の専門店 佛英堂(ぶつえいどう)
  〒515-0083 三重県松阪市中町1993
 (松阪駅から徒歩3分・無料駐車場完備)
U R L http://www.e-butsudanya.co.jp
e-mail info@e-butsudanya.co.jp
TEL 0598-21-0959 FAX 0598-26-5522
*********************************************

[PR]
# by e-butsudanya | 2012-08-21 01:08 | 仏壇(ぶつだん)

お盆法要


 


お盆は正式には「孟蘭盆会」(うらぼんえ)と言います。これは、

インドの言葉の一つ、サンスクリット語の「ウラバンナ」を漢字

で音写したもので、略して「お盆」と呼んでいます。このお盆の

行事は、『孟蘭盆経』に説かれている目連尊者の話に由来します。

目連はお釈迦さまの弟子の中でも神通力一番と言われていました。

ある時、目連はこの神通力を使って、母親の死後の世界を見たのです、

すると、母親は餓鬼道に堕ちて飢えと渇きに苦しんでいるではないですか。

そこで目連はお釈迦さまにどうしたら母を救えるのかたずねました。

お釈迦さまは「お前の母は生前、物惜しみをして他人に施しをしなかった。か

わりにお前が布施行をしなさい」と言われました。目連はお釈迦さまの教えに

したがい、僧侶達の夏の修行期間のあける7月15日に多くの僧や貧困に苦

しむ人達に飲食物などを施したのです。すると、その功徳によって母親は極

楽往生がとげられました。それ以来7月15日(旧暦)は、父母や先祖に報恩

感謝をささげ、供養をつむ重要な日になったのです。現在、日本各地でおこ

なわれるお盆の行事は、各地の風習などが加わったり、宗派による違いなど

によって様々ですが、一般的に先祖の霊が帰ってくる期間だとされています。

※浄土真宗では霊魂が帰ってくるとは考えません。



[PR]
# by e-butsudanya | 2012-07-06 15:16 | お盆(おぼん)

アメリカンインディアンの教え

子供達はこうして生きかたを学びます



批判ばかり受けて育った子は非難ばかりします



敵意にみちた中で育った子はだれとでも戦います



ひやかしを受けて育った子ははにかみ屋になります



ねたみを受けて育った子はいつも悪いことをしているような気持ちになります



心が寛大な人の中で育った子はがまん強くなります



はげましを受けて育った子は自信を持ちます



ほめられる中で育った子はいつも感謝することを知ります



公明正大な中で育った子は正義心を持ちます



思いやりのある中で育った子は信仰心を持ちます



人に認めてもらえる中で育った子は自分を大事にします



仲間の愛の中で育った子は世界に愛をみつけます



  作・ドロシー・ロー・ノルト/訳・吉永 宏

[PR]
# by e-butsudanya | 2012-07-06 12:56 | 法話(おはなし)

月心




*********************************************
 ~良心価格でお届け&安心・まごころのお店~
 仏壇・仏具の専門店 佛英堂(ぶつえいどう)
  〒515-0083 三重県松阪市中町1993
 (松阪駅から徒歩3分・無料駐車場完備)
U R L http://www.e-butsudanya.co.jp
e-mail info@e-butsudanya.co.jp
TEL 0598-21-0959 FAX 0598-26-5522
*********************************************

[PR]
# by e-butsudanya | 2011-08-10 12:03 | お経(おきょう)

念珠を持つ意味

c0043896_19335064.jpg

金線の入った水晶をルチルクオーツと呼び、
金運の象徴的な貴石水晶で有名です。

お金がたくさん貯まりますように ♪~


人間は不完全です。失敗もしますし、迷いもします。一つも短所のない完全無欠のロックンローラー(古ッ!)の人間はいません。人間は、ダメなところがあるから謙虚になれるわけで、長所ばかりだと謙虚になる理由が無くなります。

【謙虚】を辞書で調べると、控えめで慎ましやかなさま。自分の能力・地位などにおごることなく、素直な態度で人に接するさま。とあります。自分に無いものを学ぼう、教えてもらおうとする気持ちがあればこそ「謙虚」になります。

私たちの持つ「念珠」は、そんな人間のダメな部分である「煩悩」を形にしてみせたものです。人はそれを持つことにより、自分の弱さ、欠点を再確認して「謙虚」になり、「感謝」の気持ちを持つようになるんだと思います。

ところで、あなたは「私には俄がある」「欠点がある」「偏見がある」という自覚があるでしょうか。

逆に、私には偏見がない。または、偏見を無くそうという考え方が、陰湿ないじめを生み、醜い対立をつくるんです。人間は欠点があって当たり前、違う部分があって当たり前という大らかな心が人をやさしくするんだと思います。

人と付き合うとき「半分はいやな部分が出てくる」のは当たり前。そういう覚悟で人は付き合っている。いやな部分を包み込む、理屈を越える感情が愛でしょう。愛が無ければ当然長く付き合うことは出来ません・・・。



*********************************************
 ~良心価格でお届け&安心・まごころのお店~
 仏壇・仏具の専門店 佛英堂(ぶつえいどう)
  〒515-0083 三重県松阪市中町1993
 (松阪駅から徒歩3分・無料駐車場完備)
U R L http://www.e-butsudanya.co.jp
e-mail info@e-butsudanya.co.jp
TEL 0598-21-0959 FAX 0598-26-5522
*********************************************
[PR]
# by e-butsudanya | 2011-07-25 16:03 | 念珠(ねんじゅ)

スローなぶつだんやさんのほっとなWeb情報誌   百年の老舗【佛英堂】の最新の情報やQ&A など 


by e-butsudanya

プロフィールを見る
画像一覧

検索

仏壇仏具 佛英堂

since 1906 (明治39年創業)仏壇仏具の佛英堂


■仏壇

上置仏壇
金仏壇
唐木仏壇
現代型仏壇

■仏像

ご本尊
三体佛

■位牌

春日位牌
蓮付春日位牌
勝美型位牌
上京型千倉位牌面粉
溜上千倉座位牌面粉
上京中台位牌面粉
溜上京中台位牌面粉
上京型千倉位牌面粉 広巾
上京中台位牌面粉  広巾
上京型千倉位牌吹蓮華
回出位牌 春日
回出位牌 勝美
京型千倉回出位牌
京型千倉回出吹蓮華位牌




■経机

中京管足経机
中京管足経机 金具打
桜 経机
黒檀調経机
紫檀調経机
本黒檀無垢経机
本紫檀無垢経机
鉄刀木無垢経机
折りたたみ脚経机 欅
折りたたみ脚経机 紫檀
折りたたみ脚経机 黒檀
折りたたみ脚経机 柿
折りたたみ脚経机黄金檀

■掛軸

六字名号掛軸
(南無阿彌陀佛)

釈迦名号掛軸
(南無釋迦牟尼佛)

御宝号掛軸
(南無大師遍照金剛)

日蓮名号掛軸
(南無妙法蓮華経)

御経掛軸
(般若心経等)

霊場御印譜
(四国八十八ヶ所等)

十三佛掛軸
書掛軸

■表具いたします
■修理いたします

■ブレス念珠新入荷!


■干支腕輪念珠
腕輪念珠 柘植 
腕輪念珠 白檀 
腕輪念珠 ローズアメジスト 
腕輪念珠 星月菩提樹


新着情報


●季節限定注文品●



■高田派の荘厳

●お問い合わせ
info@e-butsudanya.co.jp

●地図で確認する


株式会社 佛英堂
e-butsudanya.co.jp
〒515-0083 
三重県松阪市中町1993番地(職人町通り)
0120-26-0959
TEL:0598-21-0959 FAX:0598-26-5522
info@e-butsudanya.co.jp


●掲載されました!


All Rights Reserved
画像の無断転用を禁じます 
Copyright (C) 2006
株式会社 佛英堂






いい♪ぶつだんやさん

ビッダーズ佛英堂

職人町の位牌やさん

職人町の仏壇やさん

佛英堂Yahoo店

もばいるなぶつだんやさん

お気に入りブログ

いい♪ ぶつだんやさん
亀井英語塾 同窓会

カテゴリ

仏壇(ぶつだん)
仏像(ぶつぞう)
位牌(いはい)
経机(きょうづくえ)
仏具(ぶつく)
念珠(ねんじゅ)
お香(おこう)
掛軸(かけじく)
お経(おきょう)
雅風(ギフト)
お盆(おぼん)
お彼岸(おひがん)
法話(おはなし)
だるま徒然草
だるま紀行
松阪(まつさか)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧